建売住宅でのフラット35Sは利用できる?

建売住宅であっても、フラット35Sに適合している物件というのはたくさんあります。
フラット35よりも金利が優遇されますので、最近ではフラット35S適合物件を選ぶ方も増えているようです。
どのような条件に適合しているのかは物件それぞれ異なりますが、施工基準に適合させるためにかかるコストがいちばん低くて済む耐久性・可変性の条件をクリアしている物件が多く、その分物件自体の価格も抑えて販売されています。
フラット35S利用の条件をクリアするためには良質な家であるということが求められるのですが、フラット35S適合物件だからといって全てが耐震性に優れていたり安全な家であるというわけではないので、どの基準で適合しているのかをチェックしてみると良いでしょう。