リノベーションとリフォームの違いは何?

最近、リノベーション物件と呼ばれるものが増えてきています。
既存の建物を改修した上で販売される物件のことですが、このように説明すると「リフォーム」と混同されるケースも多いようです。
「リフォーム」と「リノベーション」、両者共に「改修」である点は共通ですが、大きく異なる点があります。
まずは改修の規模ですが、前者がキッチンやトイレなど既存の建物の一部の改修を指すのに対して、後者は建物の基礎以外の大部分を作り替えるような大規模改修を指します。
規模だけでなく、改修の目的もやや異なります。
前者は基本的に「元々あった建物の機能を回復する」ことに主眼がありますが、後者は「元々あった建物の機能をグレードアップさせる」ことが主目的です。
つまり、既存の建物を活かしつつ新築物件に近い内容・機能のものを作るわけです。
そのため、一からの新築よりも費用を抑えつつ、新築同然の物件を手に入れられるメリットがあります。
新築物件を探す際には、リノベーション物件も合わせて検討すると良いでしょう。