住宅ローン減税受けられない場合とは?

住宅ローン減税を受けるための条件は「新築、もしくは住宅購入のための住宅ローンやバリアフリー、省エネルギーのための増築や改築」という規定になっています。
物件に関しての規定は、床面積が50平方メートル以上、中古住宅の場合は築20年以内、中古マンションは築25年以内、あるいは一定の耐震基準を満たすことという規定があります。
又、住宅ローン減税は最長10年間に渡って受けることができるので、現時点での住宅ローンの支払期間が10年以上残っていなければ申請することができません。
しかし、これらをすべて満たしていても減税措置をうけることができない場合があります。
本来、住宅ローン債務者本人が住むための住宅の購入が大前提です。
従って、住宅を取得してから半年以内に居住を開始し、年末まで継続して居住していることが最低限の要件となっているからです。
住宅ローンは消費税増税でどうなる?減税と控除の手順!【金利上がる?】