ラピスラズリの持つパワーとは?

ラピスラズリは9月の誕生石として知られています。
澄み切った夜空のような深い青色の石は古くから多くの人々に愛され、装飾品として使用され、石を粉末にしたものは壁画などに使われてきました。
紀元前5000年頃のエジプトではすでに「聖なる石」として扱われていて、世界で最初に認知されたパワーストーンだと言われています。
日本でも古くから「瑠璃」と呼ばれ、「幸運の守り石」として愛されてきた歴史があります。
ラピスラズリには邪気を退け、判断力を高め、幸運を呼び寄せる力があると言われています。
また、創造力や直観力をサポートし眠っている才能を引き出してくれる力があり、物事の本質を見抜く力を助けたり自分自身が進むべきところへ導いてくれるパワーがあるとも言われています。
さらに持ち主に災いや健康面でのピンチが迫っている時には色を曇らせて知らせてくれるとも言われ、疲れたり気力が無い時には生き生きとしたエネルギーを与えてくれると言われています。
ラピスラズリ意味とは?パワーや効果・相性紹介中!【石言葉・誕生石】